読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒髪のGreentiger.

神山くんが神山くんならそれですばら。

2人はよく似ていました(担降り記事)

好きな歌手だって好きな歌だって無かった、なんならカラオケで歌うのは気分上々やさくらんぼとなかなか古い選曲しかできなかった(いや名曲だし今でも大好きだけどイマドキな西野カナの曲とか全然知らなかった)、そんな私にある日突然ジャニーズが降ってきました。

 

私の友人は約10年間あの国民的グループ「嵐」大野智くんの大ファンで、私もその影響があってか少しずつ、頭の片隅にいた「嵐」という存在(元々5人のフルネームも知らなかった)が大きくなっていき、気づいたら5人の情報を調べる様になっていました。

 

そんな中ある夏の音楽番組で、青天の霹靂かのように大野智くんは私をあの綺麗な歌声で落としてきたのです

 

人生で初めて、時が止まったことを経験したと言ってもいい。テレビ越しにも関わらずその瞬間、あの時は私と智くんしかいない様なそんな感覚になった。周りなんて見えない、ただテレビの中でかっこよく踊る今まで見たことも無い「嵐の大野智」がそこにいて。恋に落ちる様に私は沼にはまっていきました。

 

それからすぐにオタ垢と呼ばれるものを作って友達ができたり、テレビ番組は欠かさず見て、雑誌をたくさん買ったり、色々な事を知って楽しい事しか無かった。今まで夢中になれた事が本当になかったから(ドラえもんを除く)。毎日の通勤通学時間にイヤホンで嵐の曲を聴くのが当たり前になっていきました。

 

誰にも目移りせず、なんなら嵐以外は興味もなく「若い子は前に出たがるから嫌いだ」まで豪語していました(今思えばなんて失礼な)

 

そんなある日、なぜか突然「つまらない」と思った。何故だろうか、智くんを応援していて楽しいと思わなくなった。見てもおじさんとしか感じなくなって、あんなにかっこいいと騒いだ黒髪も興味がなくなってしまいました。

 

「降りたい」

 

動機が不純すぎるわ、と今なら言いたい。その日からは、とにかくjr.の子達を知ろうと俗にいうドル誌を読み漁り、少クラを録画し探す毎日でした。そんな日々が1.2ヶ月続き、だらだらと大野担を続けていたある日、私は気付きます。

 

「私、歌が上手くて比較的寡黙なタイプじゃ無いと無理だ」

 

ええ、なんじゃそりゃです。ただこれが本当の話で何人か候補はいたものの降りれなかったのはこの2つをクリアできなかったから。この2つをクリアしないとダメと言うより、気づいたらこう言う人を好きになってると言う事で。それに気づいた私はとりあえず「歌が上手い」に焦点を当てて調べ始めました。

 

そんな時何故かふとジャニーズWESTというグループが頭をよぎります。一番若手のグループとしか認識が無かった彼ら、何より関西というイメージが強すぎてどうも好きになれませんでした(ただし両親は関西人)。

 

検索「ジャニーズWEST 歌上手い」

 

確かこんな感じで調べていた時、大概が桐山照史くん濵田崇裕くん神山智洋くんの3人を挙げていました。照史くん濵ちゃんは少し知っていましたが、どちらも私が見た時にはよく話し前に出るタイプでなおかつ年齢も離れていたので(大野担だったやつが言うセリフか)とりあえず置いておいて。

 

神山智洋くん?誰?」

 

ええ、ここでやってきます後に自担となるこの方が。正直言って顔を見ても誰かもわからない、声さえもわからないもはや「こんな子いたの?」程度の彼でした。まとめサイトには「縁の下の力持ち」「自分からは話さない」の様な言葉が記されていたと思います。

 

キタコレ

 

本当にキタコレです。私は急いで某動画サイトに走りこみ、調べまくる。

 

どうしよう...好き

 

かれこれ悩んだ3ヶ月間、彼に落ちるにはたった1日程でした。嬉しそうに笑い、綺麗な歌声で、楽しそうにダンスを踊り、後ろで優しい顔で見守っていた当時の輝く様な金髪の彼に落ちてしまいました

 

背が低くて、マイクは口元に当てないしトークは下手なのに熱くて若干厨二病で、私服はすごいし髪の色はすぐに変えるし、ネイルもするし色々やらかすけど、努力家で最後まで諦めないし、アクロバットも楽器もできて歌もダンスも演技も上手くて多彩だし、真面目でまっすぐで優しくてかっこよくて可愛くて一生懸命で、あなたの口から選ばれた言葉はいつも胸に刺さります。

 

辛いこともあって遠回りばっかりだったかもしれないけど、そんな神山智洋くんが私は大好きです。

 

嵐の大野智くんジャニーズWEST神山智洋くん、どちらもグループのエンターテイナーで多彩な才能の持ち主。比較的静かなタイプで

 

2人はよく似ていました。

 

だけど

 

夢に向かって楽しそうに突き進む、そんな彼に惹かれた私は今日も元気に(ほとんど毎日コンサートDVDを見て、毎日歌番組を見て毎朝ジャニーズWESTの歌を聴いて、番組に出たらその様子をメモして、事あるごとに「神山くん」と話すうざめなオタクだけど)れっきとした神山担です。